PR
アレルギー品目を通知
アレルギー品目を通知
[画像のクリックで拡大表示]
アレルギー品目を事前設定
アレルギー品目を事前設定
[画像のクリックで拡大表示]

 エブリ(大阪市)は、学校などの給食の献立にアレルギー品目が含まれていることを教職員や保護者に事前通知するスマートフォンアプリ「給食アレルギーアラーム」の提供を、2016年12月に開始した。事前に登録したアレルギー品目が給食の献立に含まれている場合、前日または当日の朝にスマートフォンへ通知する。

 文部科学省は「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」を発行し、食物アレルギーなどを持つ児童生徒への学校給食における対応について、レベル1からレベル4までを設定している。給食アレルギーアラームは、このレベル1~3の対応を補助する。献立表を見逃してしまった日でも、スマートフォンのプッシュ通知で警告を受け取れるため、献立にアレルギー品目が含まれていることに気づけるという。

 学校の教職員グループや保護者グループ、家族などでの使用を推奨する。1人のユーザーが献立表データを登録することで、グループ内のユーザー全員が共同で利用可能。サービス利用には事前にグループアカウントの申し込みが必要だが、個人のグループであれば無料で利用できる。