PR

 教育関連の事業を手掛けるソニー・グローバルエデュケーションは、児童向けのプログラミング学習キット「KOOV(クーブ)」を2017年2月18日に発売する(ニュースリリース)。KOOVは、モーターや各種センサーとブロックを自由に組み合わせて作成したロボットを、同じく自作したソフトウエアで動かせる(図1)。同キットを使うと「ものづくり」を遊びの中で体験でき、子供達の創造性や探究心を育む。

図1 KOOVで作った消防車。モーターにより自走可能にしたり、はしごを稼働可能にしたりできる
図1 KOOVで作った消防車。モーターにより自走可能にしたり、はしごを稼働可能にしたりできる
[画像のクリックで拡大表示]

 KOOVは、様々な形状や機構を作成できる「ブロック」と、センサーやモーター、ケーブルなどの「電子パーツ」、パソコンやタブレット端末で動作する専用のアプリケーション「学習アプリ」から成る(図2)。ブロックは、子供の創造性を伸ばすために、あえて種類を少なくし、組み合わせによって様々な形状を実現できるようにしている。電子パーツは、LEDやスイッチ、ブザーの他に、加速度や照度のセンサー類、DCモーターやサーボモーター、これらを制御する本体(コア)などを揃える。

 学習アプリには、ロボットの作り方と動作プログラムをあらかじめ用意した「ロボットレシピ」や、プログラミングやブロックの組み合わせのコツなどを体系的に学習できる「学習コース」を備える。もちろん、自分の発想で1からロボットとそのソフトウエアも作れる。

図2 KOOVの構成(図:ソニー・グローバルエデュケーション)
図2 KOOVの構成(図:ソニー・グローバルエデュケーション)
[画像のクリックで拡大表示]

 KOOVを発売するソニー・グローバルエデュケーションは、ソニーコンピュータサイエンス研究所のあるプロジェクトの中から生まれた。従来ソニーが手掛けていなかった領域で新規事業を育成する活動「ネットワークサービスプロジェクト」の中から、教育領域での事業を手掛ける会社として2015年4月に設立された。ソニー・グローバルエデュケーションが狙うのは、次の世代の教育インフラ。具体的には、プログラミング的思考などを学習するためのソフトウエア基盤の展開を狙う。今回発表した、KOOVもそうした取り組みの中の1つである。