栃木県下都賀郡壬生町と下野市の建設予定地
栃木県下都賀郡壬生町と下野市の建設予定地
(出所:日本アジアグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジー(東京都千代田区)は2月2日、「プロジェクトボンド」の手法を活用し、メガソーラー(大規模太陽光発電所)プロジェクトに対し、総額約54億円を調達すると発表した。

 格付投資情報センター(R&I)から「A(シングルAフラット)」の格付けを取得したことで、日立キャピタル信託が格付けの付与された有価証券の発行と信託借入(通称グリーンプロジェクトボンド)を行い、非遡及型融資(ノンリコースローン)を実現する。

 スポンサーはJAG国際エナジー、アセットマネージャーは JAGインベストメントマネジメント、アレンジャーはゴールドマン・サックス証券が担当した。

 融資の対象となるのは、栃木県下都賀郡壬生町と下野市に建設しているメガソーラー「壬生ソーラーウェイ」。壬生町と下野市にまたがる約20万3000m2の土地を活用し、出力約17MWの太陽光発電設備を設置する。2017年3月に運転を開始する予定。

 事業用地は、マルハニチロアセットが所有していた山林雑種地で、JAG国際エナジーが取得し、林地開発許可を取得して、建設を進めてきた。周囲に日射を遮るものがない平坦な土地で、安定した発電が見込めるという。年間予想発電量は、一般家庭の約5130世帯分に相当する見込み。全量を東京電力エナジーパートナーに売電する。買取価格は36円/kWh。

 EPC(設計・調達・施工)サービスは、東光電気工事が担当し、太陽光パネルは京セラ製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用する。

 「プロジェクトボンド」とは、プロジェクトに必要な事業費のうち、負債部分を金融機関からの借り入れでなく、債券化して投資家から調達する金融手法。「プロジェクトファインナス」は、プロジェクト自体が生み出すキャッシュフローを返済原資として銀行が融資するのに対し、プロジェクトボンドはプロジェクトが生み出すキャッシュフローを償還の原資として複数の投資家に債券を販売して資金調達する。