PR

 以上のように、リリース14、15により、5Gに必要な高速化や大容量化、遅延時間の低減はLTEの拡張で対応できる。また、mMTCやITS、クリティカルコミュニケーションといった5Gの新しい用途にも対応可能である。LTEは5Gに向け、今後も移動通信の分野において主要な役割を担っていく。