PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 フィンランドNokia(ノキア)社と米Qualcomm(クアルコム)社は2018年2月7日、3.5GHz帯と28GHz帯を使った、5G NRネットワークとデバイス間相互接続試験を実施したと発表した(ニュースリリース)。2017年12月に標準化完了した5G NR仕様に基づき、Nokia社の「Nokia AirScale base station」と、Qualcomm社の「5G NR prototype system」が使用された。

出所:Nokia社
出所:Nokia社
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、フィンランドOuluにあるNokia社5G研究所で実施された接続試験技術は、2018年中に通信事業者各社フィールド試験用に公開する予定。既に英BT社、独Deutsche Telekom社、フィンランドElisa社、韓国KT社、韓国LG U+社、NTTドコモ、オーストラリアOptus社、韓国SK Telecom社、北欧の通信事業者Telia社、英Vodafoneグループによる検証や各種トライアルが予定されている。

 Nokia社とQualcomm社は2017年9月に、5G NR関連製品やサービス商用化に向け大規模協業を行うことで合意している(Qualcomm社ニュースリリース)。今後も連携を密にしながら、2019年内に3GPP標準仕様準拠の5Gインフラ、および、デバイス大規模展開を行い、米国や中国、日本、韓国、欧州の商用5Gネットワーク運用開始を後押ししていくとしている。