PR

 住友電気工業(住友電工)とNECは、自動車部品の企画・開発などを行うモビリティ事業で2017年12月に協業を始めたと発表した。第一弾はコネクテッドカー領域。AI(人工知能)やIoT(Internet of Things)技術を活用した高度なセキュリティー機能を備える製品を開発し、モビリティ事業の拡大を狙う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い