PR

 日立製作所、日立ビルシステム、三井不動産の3社は2017年2月9日、日立が開発したヒューマノイドロボット「EMIEW(エミュー)3」の多言語対話機能と自律走行機能を活用した店舗案内サービスの実証実験を、東京・お台場の商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」で実施すると発表した(ニュースリリース)。店舗や商品メニューなどの情報案内や目的地への案内をフードコートや館内にて行う。期間は2017年2月17日から合計16日間。

ヒューマノイドロボット「EMIEW3」
ヒューマノイドロボット「EMIEW3」
(写真:日立製作所のプレスリリースより)

 EMIEW3は、店舗や公共施設で接客・案内サービスを行うことを目的に開発されたヒューマノイドロボット。サポートが必要な来訪者を見つけて自ら接客行動を開始する機能、複数台のロボット間で情報共有やサービスの引き継ぎを行う機能、転倒しても自ら起き上がる機能などを備える。遠隔で音声・画像・言語処理などを行う知能処理システムと多拠点に配置された複数ロボットを監視・制御する運用監視システムからなるリモートブレイン構成のロボットIT基盤と連携して高度なITサービスを提供するという。

 実証実験は2つのステップにて行う。ステップ1では、EMIEW3は2階フードコート付近の店舗案内表示前に立ち止まった来訪者を迎え、英語、中国語、日本語の3カ国語で応対する。来訪者の問いかけに対し、案内情報ディスプレイと連携して、ディスプレイに表示された店舗位置や概要、メニューなどを紹介する。期間は2017年2月17~24日。

ステップ1のイメージ
ステップ1のイメージ
(写真:日立製作所のプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 ステップ2では、来訪者との対話に応じて、EMIEW3がフロア内を走行して特定の目的地まで案内する。場所は3階の総合案内所付近の予定だが、ステップ1での実証実験の結果・評価にもとづき内容・場所を検討する。期間は2017年4月14~21日の予定。

ステップ2のイメージ
ステップ2のイメージ
(写真:日立製作所のプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 3社は実証実験を通して、商業施設の多様な来訪者に対する店舗選び・商品選びのサポートを行い、接客・案内サービスの向上を目指す。