サービスの概要
サービスの概要
(出所:NTTスマイルエナジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTスマイルエナジー(大阪市中央区)は2月13日、太陽光発電の遠隔監視関連システム「エコめがねモバイルパック」に、パワーコンディショナー(PCS)の遠隔制御に対応するオプションを追加すると発表した。

 現在、北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄の各電力会社の管内に立地する太陽光発電システムには、出力制御に対応できるPCSの設置が義務付けられ、電力会社の求めに応じて出力を抑制できる機能を整備することを条件に、接続契約が結ばれている。

 これに対応するもので、電力会社による出力制御のスケジュール情報の更新をサポートする。

 すでに、オムロン製と新電元工業製の三相PCS向けには、スケジュール更新機能を含む出力制御機能に対応したサービスを提供しており、今回は両社以外のPCSが対象となる。

 今回のオプションを追加すると、新たな通信回線の契約や機器の設置工事をすることなく、出力制御ユニットによるスケジュールの自動更新を利用できるようになる。これによって、発電機会の損失を最小化できるとしている。

 第一弾として、日立アプライアンス製の出力制御ユニット「HSS-Y10D」に対応する。今後、対応可能な出力制御ユニットなどを広げていく予定とする。