PR
ロコモ臨床研究用アプリ「ロコモニター」の画面イメージ
ロコモ臨床研究用アプリ「ロコモニター」の画面イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 順天堂大学は2016年2月16日、米Apple社が医学研究をサポートする目的で開発したオープンソースフレームワーク「ResearchKit」を使用し、「診察室以外でも身体の状態を診る」をコンセプトにした専用アプリを開発したことを発表した。同アプリを用いた3つの臨床研究(ロコモティブシンドローム、パーキンソン病、気管支喘息)を2016年2月中に開始する。

 アプリは、問診回答データにiPhoneやApple Watchに内蔵されたタイムスタンプ機能、GPS、加速度計、ジャイロスコープ、気圧計などを使って収集した運動・環境データを組み合わせて、多面的な病態把握を実現する。診察室以外での患者の日常情報を記録し、それを臨床研究に反映させることで、将来の診療の質と患者の生活の質(QOL)の向上に貢献できるとしている。

 例えば、ロコモティブシンドロームの臨床研究用に開発したアプリ「ロコモニター」は、iPhoneやApple Watchが自動的に測定した心拍数・不動時間・歩数・歩行距離・上った階数などに質問項目を組み合わせて、加齢や生活習慣などに起因する運動機能の低下を評価する。立つ・歩く・走るなど身体の移動に関わる能力を測定するロコモ度判定に応じた生活習慣(運動・食事)の改善も支援する。

 ロコモニターを利用した臨床研究は、平成28年2月~平成32年11月の期間で実施する。被験者数は、一般健常者のiPhoneユーザー1万人程度を見込んでいる。