PR

 クリニカル・プラットフォームとメドレーは2016年2月17日、クラウド電子カルテ「Clipla(クリプラ)」でオンライン病気事典「MEDLEY」のデータ活用を開始すると発表した(クリニカル・プラットフォームのプレスリリースメドレーのプレスリリース)。

 医師がCliplaに傷病名を入力すると、該当するMEDLEYの傷病情報ページへのリンクを自動生成する。リンクをクリックすることで、傷病に関する情報が表示される。この情報を利用することで、医師は傷病について患者に効果的な説明ができる。ページを印刷してわたすことで、患者が診察後に自分の傷病への理解を深めるような使い方も可能だ。

Cliplaの傷病名からMEDLEYの該当ページを表示する
Cliplaの傷病名からMEDLEYの該当ページを表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 クリニカル・プラットフォームが提供するCliplaは、ブラウザーだけで使える診療所向けクラウド電子カルテ(関連記事1同2)。患部の状態をスマートフォンで撮影してカルテに直接保存できる機能や、患者が自分のパソコンやスマートフォンから診察を予約できる機能などを備える。診療報酬請求に必要なレセプトソフトは、日本医師会が提供するORCAと連携する。

 メドレーが運営するMEDLEYは、1400以上の疾患や約2万種類の医療用医薬品に関する情報を掲載するオンライン病気事典。300人を超える医師が監修・編さんに携わっている(関連記事3)。