PR

新開発の技術によって、バーチャル空間上でのチョコ停の再現・検証が可能になり、運転確認作業にかかる期間を最大で75%短縮できるという。さらに、ワークについては実物がなくても3Dデータさえあれば仮想的に検証できる。つまり、ワークの試作などと並行して生産ラインの検証を進められるので、新製品の立ち上げにかかる期間やコストも減り、変種変量生産を実現しやすくなるのだ。リアル空間とバーチャル空間を融合するものであり、「次世代のCPS(Cyber Physical System)を体現した」(三菱電機)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中