PR
キンセイによる見守り位置検索サービスの概要イメージ
キンセイによる見守り位置検索サービスの概要イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 西日本旅客鉄道(JR西日本)とHAMOLOは、「見守り位置検索サービス」の事業化に向けた試験運用を2016年2月22日に開始した。小型の無線発信機「ビーコン」を活用したHAMOLOの位置検索サービス「キンセイ」を使用する。

 キンセイは、ビーコンを持った子どもや認知症高齢者などの位置情報を、保護者や介護者などが専用の「見守りアプリ」をインストールしたスマートフォンなどで確認できる仕組み。見守り対象者が駅や学校などに設置した「専用レシーバー」や、ビーコンの位置情報を受信する「サポーター機能」搭載の専用アプリをインストールしたスマートフォンの近くを通過すると、ビーコンの位置情報が保護者に発信されて見守りアプリでその履歴を把握できる。

 JR西日本とHAMOLOは、キンセイを使った見守り位置検索サービスの事業化に向けた実証実験を2015年11月からスタート。これまで、駅改札付近での機器の動作などを確認してきた。今回は、次のステップとして駅や学校などに専用レシーバーを設置し、実際にサービスを利用してもらいながら機能の確認や課題の把握を行う。さらに、試験運用の結果を踏まえ、2016年3月下旬からの本格展開を予定する。

 試験運用の期間は、2016年2月22日~同年3月下旬。専用レシーバーはJR神戸線の住吉駅/摂津本山駅/甲南山手駅と神戸市立住吉小学校に設置される。モニター協力は、神戸市立住吉小学校に依頼する。