蓄電池の横に設置したNK-EMS(緑色の箱)
蓄電池の横に設置したNK-EMS(緑色の箱)
(出所:日本工営)
[画像のクリックで拡大表示]
NK-EMSの内部
NK-EMSの内部
(出所:日本工営)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本工営は、電力系統における需給バランス調整や周波数維持を行う蓄電池制御システム「NK-EMS」を開発した。2月から英国の送電系統運用者であるNational Gridに同システムを利用した周波数調整サービスの提供を開始した。

 NK-EMSは、蓄電池システムと接続して、時々刻々と発生する周波数の変動を読み取り、周波数が低下した時は放電、上昇した時は充電することで周波数を規定範囲内に自動制御するFFR(Firm Frequency Response)サービスを提供する。

 1月末にNational Gridの試験基準に従って米国製蓄電システムとの実機接続試験を行い、要求仕様に合格したことから英国サウス・ウェールズの再生可能エネルギー施設に設置した。FFRサービスを提供するほか、発電容量を市場で取り引きする容量市場にも対応する。

 なお、NK-EMSは、周波数調整や容量市場(供給力提供)のほか、ピークカットやピークシフト、さまざまな再生可能エネルギーとの連携制御といったマルチサービス機能を組み込めるという。今後、各蓄電池メーカーの製品と接続できるマルチベンダー対応を進める。

 同社は、電力品質維持サービスで先行する英国で制度・技術・事業運営に係るノウハウを蓄積し、エネルギーマネジメントに関するハード・ソフト両面でのサービスおよび分散電源・蓄電設備のEPC(設計・調達・施工)サービスの提供を目指す。2020年の発送電分離に向けて、周波数調整を含むデマンドレスポンス(需要応答)関連技術を高度化し、事業展開を順次進めていくとしている。