PR

 西日本電信電話(NTT西日本)は、VR技術を活用した「VR自転車交通安全教室」のトライアルを実施する(ニュースリリース)。大阪府警が教育コンテンツの制作に協力しており、現実に即した事故状況を学習する。

「VR自転車交通安全教室」の概要
「VR自転車交通安全教室」の概要
(図:NTT西日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のトライアルでは、恐怖を実感することで危険行為を未然に防ぐ教育手法「スケアード・ストレイト教育」にVRを活用する。具体的には、信号のない交差点での出会い頭の事故と、交差点における自転車の左折巻き込み事故、路側帯から車道への進出事故について、事故の発生状況をVRで疑似体験する。体験者は、ヘッド・マウント・ディスプレーを装着し、自転車の視点、自転車の運転視点、全体俯瞰視点の3方向から事故の状況を確認し、交通安全について学習する。また、体験者の視界は「視界ログ」として収集され、周囲の状況に気を配れているか、安全確認を正しく行っているか、といったポイントをスマートフォンのアプリケーションで採点し、習得率の向上につなげる。視界ログは、サーバーにも送信され、コンテンツの更新などに役立てる。

「VR自転車交通安全教室」のシステムイメージ
「VR自転車交通安全教室」のシステムイメージ
(図:NTT西日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 トライアル実施期間は、2017年3月17日から2018年3月末までで、大阪府外への拡大も予定している。体験者の要望や技術の検証を行いながら、VRコンテンツや配信システムの充実を図る。今後、サービス提供に向けた検討を進めるとともに、エンターテインメントや観光など、幅広い分野への展開を目指す。