竹中工務店は2017年3月22日、災害事象の統合VRシステム 「maXim(マキシム)」を開発したと発表した。連鎖的な発生が想定される地震や火災や津波など複数の災害の予測や、その際の避難行動の解析結果を統合し、仮想現実(VR)で体験できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い