PR

 理化学研究所(理研)と埼玉大学、群馬大学の研究チームは2016年3月22日、微弱な電気刺激がマウス脳機能に及ぼす影響と、その作用メカニズムを解明したと発表した。電気刺激によって脳内にノルアドレナリンが放出され、グリア細胞の1種であるアストロサイトのノルアドレナリン受容体に作用して細胞内カルシウム濃度を上昇させることでシナプス伝達が増強されることを見出した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する