PR

 神戸製鋼所は、日新製鋼が生産する溶融亜鉛(Zn)-アルミニウム(Al)-マグネシウム(Mg)合金めっき鋼板「ZAM」を「KOBEMAG」として販売する(ニュースリリース)。両社は、2年間のOEM(相手先ブランドによる生産)での製品販売とめっきの委託加工について、契約を結んだ。

 日新製鋼によると、同鋼板の耐食性は溶融Znめっき鋼板の10~20倍、溶融Zn-5%Al合金めっき鋼板に比べて5~8倍。このため、少ないめっき量で優れた耐食性を得られるという。めっき層から溶け出したAlとMgを含むZn系保護皮膜で切断端面部を覆うことにより、端面の耐食性も高めている。

 溶融Znめっき鋼板よりもめっき層が硬く平滑なので、プレス加工がしやすい。同鋼種でめっきが異なるサンプルで比較した場合、溶融Znめっき鋼板に比べて加工割れやフランジ残量が少ないとする。

 その他には、後めっきが不要でコストを減らせる、高い耐食性によりライフサイクルコストを低減できる、といった利点を持つ。導電性や加工性、後塗装性などの特徴を持たせた5タイプのクロムフリー処理に対応するという。ウインドウレギュレーター、スターターモーターヨーク、太陽光発電モジュールの架台、遮音壁、農業ハウスなどに向く。