PR

 東京大学は2016年4月4日、東京工業大学と共同で、指の力を加えるだけで電気伝導率が約2倍になる半導体材料「単結晶高移動度有機物半導体薄膜」を開発したと発表した。心拍センサーなどのヘルスケアデバイスや介護ロボットの入力に必要な人体動作センシング、橋や道路などの構造物の劣化診断に用いる歪センサーなど、IoT社会の基盤になる、さまざまな低コストセンサーへの適用が期待される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料