PR
MSD/アルフレッサのロゴ下に医薬品などを搭載
MSD/アルフレッサのロゴ下に医薬品などを搭載

 MSDとエアロセンス、アルフレッサは2016年4月6日、ドローンを用いた医薬品配送事業の早期実用化に向けて連携することで合意した。3社が連携・協力して医薬品配送のビジネスモデルの構築を目指す。

 医薬品事業においては、災害時の孤立地のみならず、平時に離島や遠隔地にも確実に医薬品を届けることが今後解決すべき社会課題の一つ。そこで、ドローンによる医薬品配送は、現在用いられている陸上配送に加えた有力な輸送手段として期待されている。

 今回の連携では、MSDは関連規制や医薬品および医薬品パッケージに関する知識・知見など医薬品配送に必要なノウハウを提供する。エアロセンスは、実用化に向けたドローンの技術的な課題の解決、アルフレッサは、物流ならびに配送に関する知見を提供する。

■関連記事
ドローン医療活用、「平時に使えなければ有事には無理」