PR
光拡散性PP樹脂成形材料「FULL BRIGHT PP」
光拡散性PP樹脂成形材料「FULL BRIGHT PP」
(写真:パナソニックのプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]
耐光性の加速試験の結果
耐光性の加速試験の結果
(写真:パナソニックのプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2016年4月5日、複雑な形状加工が可能な光拡散性ポリプロピレン(PP)樹脂成形材料「FULL BRIGHT(フルブライト) PP」を開発し、4月から量産開始すると発表した(ニュースリリース)。射出形成に加えて射出延伸ブロー成形にも対応し、設計の自由度向上に貢献する。

 一般にLED照明は光源周辺に輝度の均一化を保つための拡散板を設置し、この拡散板の基材にはポリカーボネートやアクリル系樹脂が多く使われている。一方、LED光源の設置環境が多様化するなか、拡散板の基材には、さらなる耐光性や耐久性、軽量化が求められている。光拡散ポリカーボネートやアクリルは加工性に優れるが、高比重のため軽量化に課題があった。一方、光拡散性PP樹脂成形材料は低比重だが、結晶性樹脂のため流動性が悪く複雑な形状加工が困難で、耐光性にも課題があった。

 今回発表したFULL BRIGHT PPは、独自の溶融制御設計技術により、流動性(MFR)を25g/10min(従来品は20g/10min)まで高め、射出延伸ブロー成形に対応した。また、従来は実現できなかった0.5mmの薄肉成型が可能。意匠性の高いLED照明の深掘成形や曲面仕上げなど複雑な設計にも対応する。

 耐光性を付与できる樹脂設計技術の開発により、優れた耐光性とともに耐候性(耐水・耐湿性、耐薬品性)を備えた。屋外使用10年に相当する90度+UV環境下90日間処理後の変色は⊿E:2以下(従来材は⊿E:17)。また、比重は0.93で、ポリカーボネート(1.2)と比べて同体積で重さを30%軽減できる。