PR
発売する「サンダービート ファインジョー」
発売する「サンダービート ファインジョー」
[画像のクリックで拡大表示]

 オリンパスは、外科手術用エネルギーデバイスのラインナップを拡充する。同社「サンダービート」シリーズの新デバイスとして、消化器領域などの開腹手術用の「サンダービート ファインジョー」を2016年4月8日に国内で発売する(ニュースリリース)。

 サンダービートでは、超音波振動エネルギーとバイポーラエネルギーという2種類のエネルギーを同時に出力できる。これにより、迅速な切開性能と高い血管封止性能を実現。バイポーラエネルギーの単独出力による止血や、組織の把持・はく離といった手術操作を1本で行うことが可能だ。

 今回の新製品では、小型・軽量化を追求した。繊細な先端形状とにぎりやすい小型ハンドルを採用し、より精緻な手術の実現を支援する。「サージカル ティシュー マネジメント システム」および高周波焼灼電源装置と組み合わせて使用する。