PR
PaddyWatchの提供イメージ
PaddyWatchの提供イメージ
(図:NTTドコモのプレスリリース)
[画像のクリックで拡大表示]
PaddyWatch機器の外観
PaddyWatch機器の外観
(写真:NTTドコモのプレスリリース)
[画像のクリックで拡大表示]
スマホアプリの画面
スマホアプリの画面
(図:NTTドコモのプレスリリース)
[画像のクリックで拡大表示]
アグリノートの提供イメージ
アグリノートの提供イメージ
(図:NTTドコモのプレスリリース)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2016年4月7日、ベジタリア(本社:東京都渋谷区)の水稲向け水管理支援システム「PaddyWatch(パディウォッチ)」を、全国の稲作農業生産者向けに4月15日から販売開始すると発表した(ニュースリリース)。センサーから取得した各種情報をクラウド上に蓄積する農業IoTを構築できる。

 NTTドコモの通信モジュールを内蔵したセンサー装置を水田に設置して水位・水温・温度・湿度の4つの情報を10分ごとに取得し、1時間ごとにNTTドコモのネットワークを通じてクラウド上に蓄積する。生産者はスマートフォンアプリを使って水田の状況を確認し、水やりなどを効率的に行える。また、時系列で過去と比較して傾向を把握したり、今後の農作業の計画立案に役立てたりすることができる。

 参考価格(税別)は、水田センサー本体が9万9800円、設置用ステンレスポールが5700円。サービス利用料は月額1980円。機器代金はNTTドコモから、月額サービス利用料はベジタリアから請求する。

 併せて、ウォーターセル(本社:新潟市)の農業生産者向けにアプリケーション「アグリノート」を、NTTドコモの法人向けサービスラインアップ「ビジネスプラス」のメニューとして4月15日に販売開始する。圃場の航空写真を活用し、スマートフォンの画面上に日々の農作業などを記録できる。利用料金は1アカウント当たり年額6000円。

 今後は、農業IoTとしてPaddyWatchとアグリノートをシステム連携する予定。センサーから取得した情報を自動的にアグリノートに記録し、さらに効率的な農作業管理が可能になるという。また、PaddyWatchから収集したビッグデータを水温や湿度の管理が複雑で栽培が難しい米酒生産に活用するなど、さまざまなサービスの開発を予定している。