PR

 ACCESSと京都大学の原田研究室は、ネットワーク全体をソフトウエアで制御するSoftware Defined Networking(SDN)を用いたWi–SUN機能搭載の通信ネットワークの仮想化技術を開発したと発表した。IoTのネットワークを構築する際の設備投資や運用コストを削減するという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料