PR

ファナックと古河電気工業の合弁会社であるFFレーザ(本社山梨県・山中湖村)は、産業用ファイバーレーザーの基幹部品であるレーザー・ダイオード・モジュール(LDM)の生産を開始した。生産ラインがあるのはファナックの工場内で、古河電工製のLDM調芯装置やファナック製ロボットなどを活用し、多くの工程を自動化した。1日24時間操業で生産能力は月産2000個。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料