PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
3M スコッチ・ウェルド 構造用接着剤 EW2036(写真:スリーエム ジャパンのプレスリリースより)
3M スコッチ・ウェルド 構造用接着剤 EW2036(写真:スリーエム ジャパンのプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]
空輸時の輸送コストを約92%削減できる(図:スリーエム ジャパンのプレスリリースより)
空輸時の輸送コストを約92%削減できる(図:スリーエム ジャパンのプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 スリーエム ジャパンは2016年4月8日、エレクトロニクス分野向けの1液系エポキシ系接着剤「3M スコッチ・ウェルド 構造用接着剤 EW2036」を発表した(ニュースリリース)。常温下での高い貯蔵安定性を備え、空輸時の輸送コストを約92%削減できるという。

 一般的な1液系エポキシ系接着剤は、空輸時に危険品として取り扱われるドライアイスが必要になるため、輸送コストが増加することが課題だった。今回発表のEW2036は、数日程度なら常温環境でもほとんど変質しないため、ドライアイスが不要で低コストな一般貨物扱いで輸送でき、重量増加分もかからない。

 エレクトロニクスや自動車電装分野の各種部品の接合・固定用途を想定した。電気絶縁性に優れ、せん断接着強さ、T型剥離接着強さの両方を高いレベルで両立した。価格は1kg入りで1万1730円(税別)。