PR

 欧州で自動車アセスメントを手掛けるEuroNCAPは2017年4月12日、新たな衝突安全試験の結果を発表した。試験したのは、ドイツBMW社が2016年末に発売した第7世代の「5シリーズ」と、イタリアFiat社が一部改良した「Doblo」である。5シリーズの安全性能は高く評価したが、初代モデルが2010年発表のDobloには、星三つと厳しい評価を下した。

[画像のクリックで拡大表示]

 5シリーズは五つ星となり、高級車部門でトップクラスの安全性と評価した。新しいプラットフォームやボディー、各種安全機能は、衝突保護試験および衝突回避試験で優れた結果を残し、高い総合性能が確認された。

 走行試験では、自動緊急ブレーキが追突や歩行者との衝突を回避したり、衝撃を緩和することに役立つことが実証できた。特に、歩行者検知システムやアクティブボンネットによる歩行者保護性能が高かった。EuroNCAPは、5シリーズのような高い運転支援性能を持つクルマは、これからの安全性に関する考え方を変えていくだろうと賞賛した。