PR

 ASUS JAPANは2017年4月13日、Googleが開発したAR技術「Tango」およびモバイルVR技術「Daydream」の両方に対応したSIMフリースマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」を発表した(ニュースリリース)。ラインアップは、8GBメモリーと128GBストレージを搭載した「ZS571KL-BK128S8」(希望小売価格9万9800円)と、6GBメモリーと64GBストレージの「ZS571KL-BK64S6」(同8万2800円)の2機種。2017年夏に販売開始する予定。

Googleが開発したAR技術「Tango」およびモバイルVR技術「Daydream」の両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR」
Googleが開発したAR技術「Tango」およびモバイルVR技術「Daydream」の両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR」
[画像のクリックで拡大表示]

 モーショントラッキングカメラ、深度カメラ、メインカメラの3つの背面カメラで構成される「TriCam(トライカム)システム」を搭載。モーショントラッキングカメラは空間を移動する自身の場所を追跡し、深度カメラは赤外線で物体までの距離を測定することで、周囲の環境を認識できる。Tango対応のARアプリと組み合わせると、手の届かない高い場所までの距離を計測したり、部屋の中に購入検討中の家具を実寸で配置したり、2300万画素のメインカメラで細密に再現された現実空間とゲームの世界を融合させるなどができる。

ZenFone ARの背面と付属する透明のリアケース
ZenFone ARの背面と付属する透明のリアケース
[画像のクリックで拡大表示]

 ZenFone ARにGoogleのVRヘッドセット「Daydream View」を装着し、仮想世界を操作できる「Daydreamコントローラー」を使うと、コントローラーをバットのように振ったり、魔法の杖のようにひと振りするといった動作でDaydream対応アプリのコンテンツを操作できる。また、テレビのリモコンのようにチャンネルを選んで大画面のホームシアターを視聴したり、Googleストリートビュー内を探検するなど、ゲームや仮想現実の世界に没入できる。