PR

 NTTドコモとゼンリン、ゼンリンデータコムの3社は、AI技術を活用した自動車向け音声エージェントサービス「AIインフォテイメントサービス」を共同開発したと発表した(ニュースリリース)。NTTドコモが2017年4月17日から法人企業向けに提供開始する。

提供する自動車向け音声エージェントサービス「AIインフォテイメントサービス」の概要
提供する自動車向け音声エージェントサービス「AIインフォテイメントサービス」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 カーナビやPND、各種車載機器、スマートフォンと連携して、AI技術を活用した各種サービスを提供する法人向けサービス。NTTドコモのAI技術「自然対話技術」「行動先読み技術」「高度情報検索技術」と、ゼンリンのカーナビ向け地図コンテンツおよびゼンリンデータコムの検索エンジンを組み合わせて新たに開発を行いカーナビメーカーなどに提供する。

「AIインフォテイメントサービス」の利用イメージ
「AIインフォテイメントサービス」の利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 「自然対話技術」は、自然な音声対話によって車載機器の操作やカーナビの目的地検索・設定が可能。従来のカーナビのような住所や電話番号を1文字ずつ入力するといった煩わしい操作が不要で、ドライブ中に安全に操作できる。さらに、会話を重ねることでドライバーの趣味や嗜好に合わせた情報を配信する。