PR

 つくば市のベンチャー企業Doogは、自動追従運搬ロボット「サウザー」に実際の運用現場から集まった要求を反映した機能を2016年4月18日に披露した。サウザーは、同社が2015年10月に発表・発売したロボットである*1

 最大120kgを積載できるサウザーは、積載部の下にLIDARを搭載し、起動時に正面にいた人や物体を自動で追従する。また、ジョイスティックに接続したリード(ひも)を人が引くことで直接進行方向を指示することも可能だ。複数台を連続して追従させることで、作業員一人あたりの運搬能力を高め、業務効率を大幅に高めることができる。

複数の「サウザー」を連続して追従させている様子。通路上の障害物も自動で検知し、避けながら走行する。
複数の「サウザー」を連続して追従させている様子。通路上の障害物も自動で検知し、避けながら走行する。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、独自の追従アルゴリズム「Doog Navigation Engine」を刷新し、より高性能なコンピューターを搭載することで、さらに「滑らかでストレスの少ない」(同社)動きを実現した。新たに通路の幅をルート評価条件に加え、より狭い通路も走行できるようになったという。従来のアルゴリズムでは追従対象の人や物体との距離を最短にするようにルートを決定していた。

 また、従来の水平センサーに加えて斜め下を検知するライン走行用センサーを搭載することで、あらかじめ敷設した再帰反射素材のラインに沿って無人で自動走行する機能もオプションで実装した。再帰反射素材は低コストで簡単に移動や撤去ができるメリットがあり、物流倉庫のメイン通路やピッキングエリア・集荷エリア間の搬送での利用を想定している。

周囲の環境を把握する水平センサー(左)に加え、再帰反射素材によるラインを検出するためのセンサー(右)を搭載した。
周囲の環境を把握する水平センサー(左)に加え、再帰反射素材によるラインを検出するためのセンサー(右)を搭載した。
[画像のクリックで拡大表示]

 今後は販路拡大のため、従来の独自展開だけでなく商社などとの提携を進めていくという。実際、導入を検討する事業者に向けて4月19日以降、秋葉原ダイビルで予約制の実機体験会を実施する予定。同社取締役営業責任者の内山祐介氏は、「販売したらそれで終わりではなく、導入後も顧客と一緒に有効活用法を模索していきたい」と語った。