PR

 安川電機は2016年4月18日、中国の大手自動車メーカー奇瑞汽車の子会社などと、電気自動車(EV)用のモーターやインバーターといった電気駆動システムの関連事業で提携すると発表した。同年6月に安徽省蕪湖市においてEV用の電気駆動システムを開発・販売する合弁会社「奇瑞安川電駆動系統(英文:Chery Yaskawa E-Drive System)」を設立する。同年4月15日に蕪湖市で契約を締結した。合弁会社の登録資本総額は1億元を予定している。

 今回、安川電機と提携したのは、蕪湖市に拠点を置く奇瑞汽車の傘下でEVなどの新エネルギー自動車の開発・製造・販売を手掛ける「奇瑞新能源汽車技術」と、蕪湖市政府に所属する投資会社の「蕪湖市建設投資」。中国では環境対応の観点から政策的にEVの普及が進められており、購入への補助金制度や充電インフラの整備が始まっている。こうした中国市場の拡大をにらみ、中国でのEV用電気駆動システムの本格的な事業参入を模索していた安川電機と、電気駆動システムの調達先を検討していた奇瑞新能源、EV関連事業の企業誘致を推進する蕪湖市政府の思惑が一致したという。

 新会社では、モーターやインバーターの技術に強みを持つ安川電機とEVを製造・販売する奇瑞新能源が蕪湖市政府のサポートの下で、それぞれの強みを生かして中国市場向けの電気駆動システムを開発・販売する。新会社の電気駆動システムは奇瑞新能源だけに限らず、中国の他のEVメーカーにも提供していく考えとする。