太陽光予測システムの概要 
太陽光予測システムの概要 
(出所:東北電力)
[画像のクリックで拡大表示]
太陽光予測システムの画面イメージ
太陽光予測システムの画面イメージ
 (出所:東北電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 東北電力は4月20日、太陽光発電出力の予測精度を向上させた「太陽光発電予測システム」を新開発し、4月から運用を始めたと発表した。三菱電機と共同で開発した。

 従来の予測手法では、各県1個所(気象台地点)の日射量予測を基に太陽光発電の出力を予測していたが、新システムでは、気象庁の提供する5kmないし20kmメッシュの気象予報データを基に日射量を予測し、太陽光発電出力を予測する。

 さらに、最新の気象データを反映できるよう予測頻度を上げた。従来システムでは前日、当日とも1日2回の更新だったが、新システムでは、前日は3時間ごと、当日は30分ごとに最新の気象データに更新する。

 加えて、過去の太陽光発電実績から日射量と太陽光出力の関係を分析し、予測値を補正することなどにより、予測精度を向上させる。

 今後、蓄積したデータを予測に活用する方針で、運用を積み重ねていくことで、さらなる予測精度の向上が期待できるという。

 東北電力によると、新システムを活用し、太陽光発電出力の予測値と実測値の乖離を小さくすることで、出力抑制量を最小限に抑え、太陽光発電による電気を最大限に活用できるとしている。