PR

 NECとNECトーキン、東北大学の3者は2016年4月25日、熱電変換効率を従来比10倍以上に向上したスピンゼーベック熱電変換デバイスを開発したと発表した。発電素子としての実用化に向けて大きく前進したほか、熱の流れを測るセンサーとして実用的な感度を達成するめどがついたという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料