PR

 東京医科大学と工学院大学は、次世代の低侵襲治療・診断技術の開発でタッグを組む(pdf形式のプレスリリース)。1滴の血液による疾病診断(リキッドバイオプシー)やBMI(brain machine interface)を用いた認知症早期診断、ロボット支援手術用器具の開発など、7つのテーマで共同研究を実施し、「3年以内に何らかの成果を出したい」(東京医科大学学長の鈴木衞氏)。2016年4月21日、東京都内で記者発表会を開いた。

共同で発表会開催
共同で発表会開催
[画像のクリックで拡大表示]

 東京医科大学は2016年に創立100周年を迎えた。記念事業の一環として同年4月、「低侵襲医療開発総合センター」を設置した。同センターには「ロボット・診断治療装置開発部門」と「健康増進・先制医療応用部門」を置き、前者が今回の共同研究の受け皿となる。同センターが掲げる“低侵襲医療”の実現に向けては「工学系(の大学)と連携する必要がある」(鈴木氏)と考え、工学院大学との共同研究に乗りだした。