PR

 東京大学と大阪大学は2016年4月29日、生体適合性ゲル電極を持つ柔軟な有機増幅回路シートを開発したと発表した。生体内に長期間埋め込むことが可能なのが特徴。これを使って微弱な心電信号を安定して計測し、心臓の疾患部位を特定することに成功した。次世代医療デバイスとしてさまざまな応用が期待される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する