福岡市のスタートアップ企業トルビズオンは、2016年4月の「熊本地震」で被害を受けた道路の土砂崩れ修復現場を、ドローンを使って撮影し、3次元データを取得した。2016年5月13~14日に幕張メッセで開催されたスタートアップ向けイベント「Slush Asia 2016」で研究事例として紹介した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い