PR

 日本マイクロソフトは、自社ブランドのパソコン「Microsoft Surface」ファミリーの新機種の販売を2017年6月15日から順次始める。

 現行機種「Surface Pro 4」の後継モデルとなる2in1(タブレット端末とキーボードに分離できる)ノートパソコン「Microsoft Surface Pro」と、28型一体型デスクトップパソコン「同Surface Studio」、13.5型ノートパソコン「同Surface Laptop」の3機種 に加え、新しいタイプのダイヤル式の入力機器「同Surface Dial」などの周辺機器も拡充する。

 一般向けの参考価格(税別)はSurface Proの一般向けモデルが10万5800~31万5800円、Surface Studioが38万4800~52万9800円。Surface Laptopが12万6800~14万6800円など。

Surface Pro(写真:日本マイクロソフト)
Surface Pro(写真:日本マイクロソフト)
[画像のクリックで拡大表示]
※ 日本マイクロソフトのニュースリリースは、こちら