富士通研究所は2017年5月29日、コバルト系材料に匹敵する高い電圧を持つリン酸鉄系リチウム二次電池用正極材料を開発したと発表した。現在、リチウム二次電池は正極材料にコバルト酸リチウム(LiCoO2)などを用いているが、コバルトの不足やそれに伴う材料コストの大幅向上が懸念されている。鉄系の正極材料の実用化により、リチウム二次電池や同電池を用いた電気自動車(EV)などの安定生産につながることが期待される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料