PR

 リコーは2016年6月1日、屋内での人や物の位置情報を取得・可視化し、付帯情報と併せて分析するソリューションの提供を開始すると発表した。第1弾として、医療従事者や患者の動きを把握するサービスを、札幌道都病院(北海道札幌市)で2016年6月から提供する。

病院における位置情報測位のイメージ
病院における位置情報測位のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 このサービスでは、人や物の位置情報と電子カルテシステムを連携させ、患者や医師、看護師、医療機器の位置情報を把握する。これにより、患者の在室状況の把握や医療機器の所在管理、トイレなど院内公共エリアからのナースコール時の迅速かつ適切な対応を可能にする。業務効率の向上と医療事故の未然防止を両立するほか、蓄積されたデータと付帯情報を併せて分析することで、新たな業務改善の提案もできるという。

 リコーが提供を始めるソリューションでは、複数の屋内測位技術を採用する。ID情報を埋め込んだ電池式タグから無線通信で情報をやり取りする「RFID(Active)方式」、独自スピーカーから18kHz近傍の高周波帯を使用した音波のビーコンを発信してスマートフォンのマイクで受信する「音波方式」、低電力で通信が可能なBluetoothの拡張仕様を活用した「Bluetooth Low Energy(BLE)方式」だ。施設内や地下などGPS電波の届かない屋内で、業種や業態に応じて最適な方式を提案する。

 医療施設以外の業種では、例えば小売店舗のPOSシステムや工場の生産管理システムなど、業種固有の基幹システムと連携させる。これにより、業務効率や生産性の向上、利用者の収益拡大を図る。