PR

 アーキテクトグランドデザイン(AGD、東京都港区)とオムロン、慶應義塾大学は2017年5月31日、省電力な無線通信技術LPWA(Low Power Wide Area)とマルチホップ・ネットワーク技術、エッジコンピューティング技術を組み合わせたIoTプラットフォーム「IoT PLANET HIGHWAY」を構築し、離れた場所に設置した環境センサーからデータを収集する実証実験を共同で実施すると発表した(オムロンのニュースリリース)。

実証実験の概要
実証実験の概要
(図:オムロンのニュースリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 IoTが普及するとセンサーで収集されるデータが増えて、無線などからクラウドに送られるデータの量や通信頻度が膨大になる。このため、ネットワークの信頼性が低下したり、安定性が失われていしまうといったことが課題となる。今回の実証実験では、エッジコンピューティング技術を使いセンサー側でデータを処理することで、通信やクラウドの負荷を下げて、安定したデータ収集ができることを検証する。

 具体的には、慶應義塾大学の日吉キャンパスにマルチホップ・ネットワークを敷設し、日吉キャンパスの周辺施設の間の数kmをLPWA技術で接続する。日吉キャンパスの各ノードには環境センサーを設置し、これらのセンサーから取得されるセンシングデータを日吉キャンパス内に設置されたエッジサーバーに一旦集約。その後、LPWA技術を介してコアサーバーに無線伝送する。

 実験に用いる環境センサーは、温度・湿度・照度・気圧・音圧・加速度を取得できる。データを取得するだけでなく、データ同士を使った内部処理も可能で、例えば、温度と湿度の関係を使って熱中症の警戒指数を算出できる。

■変更履歴
初出時のタイトルでアーキテクトグランドデザイン社の略称をAGOと表記しておりました。正しくはAGDとなります。お詫びして訂正します。現在は修正済みです。 [2017/6/1 14:55]