PR

 NECは、6300kmにわたる光ファイバーの長距離伝送実験において、1ファイバーあたり34.9Tビット/秒の大容量通信を実現したと発表した(ニュースリリース)。6300kmは大西洋を横断する距離に匹敵するという。

 今回の伝送実験では、正規分布を用いた64値振幅位相変調方式(DP-64APSK)、誤り訂正符号化技術、非線形波形歪耐力が優れた準シングルモードファイバー技術を組み合わせ、1.55μm帯のCバンド周波数帯域を用いた。これにより、1ファイバーあたり34.9Tビット/秒の高速通信を6300kmにわたって実現したという。

 また、周波数利用効率は、シャノン限界(理論上の限界値)まで0.5dBに迫る8.3ビット/秒/Hzとなり、世界最高記録を更新した。周波数利用効率の向上は、容量当たりでの伝送装置など設備投資を抑えることにつながり、光ファイバーによる伝送容量の最大化に貢献する結果だとしている。