PR

 キヤノンは、親水コーティングを施したボックス型ネットワークカメラ3機種を2017年6月21日より順次発売する(ニュースリリース)。雨天時や降雨時の視認性と防汚性を高めた。工場や商業施設、空港など大規模な施設に向ける。

今回発売する「VB-H761LVE-H」。写真はウエザーシールド「WS700-VB」を取り付けた状態。
今回発売する「VB-H761LVE-H」。写真はウエザーシールド「WS700-VB」を取り付けた状態。
(図:キヤノン)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発売するのは、光学20倍ズームレンズを備え、赤外照明利用時に0ルクスの暗闇でも最長60m先までの対象物を撮影できる「VB-H761LVE-H」と、広角レンズを備え、赤外照明利用時に最長30m先まで撮影可能な「VB-H751LE-H」、「VB-M741LE-H」の3機種。2016年に発売したボックス型ネットワークカメラ(関連記事)の基本性能は継承し、カメラ前面のレンズ保護窓に親水コーティングを施した。雨や雪の付着を抑制する外付けのウエザーシールド「WS700-VB」も同梱する。

 親水コーティング技術は、キヤノンが独自に開発した。レンズ保護窓に付着した雨水が、レンズ面上で広がり、薄い膜となることで光の乱反射を抑え、視認性を高める。雨水が砂埃などの汚れを浮かして流し落とすことにより、防汚性を実現。さらに、親水コーティングの密着性を高めることで、レンズ保護窓を柔らかい布でふき取ることが可能になり、設置やメンテナンスをしやすくした。

 価格は、VB-H761LVE-Hが32万3000円、VB-H751LE-Hが29万5000円、VB-M741LE-Hが25万5000円(すべて税別)。今後、親水コーティング技術をほかの新機種にも適用していく。