PR

 トヨタ自動車と対話アプリのLINEは、2017年6月15日にコネクテッドカー(つながるクルマ)分野における協業基本合意書を締結したと発表した(図1)。LINEが開発を進めるクラウド型の人工知能(AI)プラットフォームをクルマに適用して、2018年に新たなサービスの商品化を目指す。

図1 協業を発表したトヨタ自動車とLINE
図1 協業を発表したトヨタ自動車とLINE
[画像のクリックで拡大表示]
図2 「SDL」と「Clova」のロゴ
図2 「SDL」と「Clova」のロゴ
[画像のクリックで拡大表示]
 新サービスを生むための鍵となるのは、LINEの「Clova(クローバ)」というAIプラットフォームだ。音声認識や検索技術に強みを持つという(図2)。トヨタとLINEの狙いは、クローバを用いて音声認識の能力を高めた使いやすいコネクテッドサービスを生み出すことだ。

 LINEのクローバを、トヨタなどが推進する車載機器とアプリケーション(アプリ)を連携して使えるようにするオープンソースのプラットフォーム「Smart Device Link(SDL)」に合わせて使う。同プラットフォームを用いれば、車載の音声認識機能や操作パネルを通じ、車内でスマートフォン(スマホ)やタブレット端末のアプリを操作できるようになる。

 例えばカー・ナビゲーション・システムを音声や画面タッチで操作すると、無線通信などで接続しているスマホ内のアプリを開き、地図情報の取得や音楽の再生、通話機能を利用することができる。運転者は車内でスマホに触れる必要が減って安全になる。