米MSC Software社グループのベルギーe-Xstream engineering社は、3Dプリンターによる樹脂成形品の強度などを予測するシミュレーションツール「Digimat AM」を、2017年初めにも製品化する意向であることを明らかにした。同社CEOのRoger A. Assaker氏が語った。材料に含まれる繊維の方向、成形品に生じる空洞、成形品内部のラティス構造などから、成形品の強度やゆがみを計算する。所定の性質を満たした成形品を得られるかどうかを造形前に予測できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い