PR
オンライン健康相談を提供
オンライン健康相談を提供
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは2017年6月27日、自己採血キットによる血液検査とWebサービスを組み合わせたセルフ健康チェックサービス「スマホ de ドック」について、2017年度の保健事業として全国42市区町村を含む45団体にサービスを提供すると発表した(ニュースリリース)。加えて2017年夏からは、オンラインで専門家に健康相談ができるサービスを提供する。

 健康相談サービスは、エス・エム・エスの健康相談サービス「なるカラ」を利用したもの。スマホ de ドックの血液検査結果を閲覧後、健康状態や生活改善方法について、スマートフォンやパソコンを通じて医師や看護師、管理栄養士などの専門家に相談できる。結果閲覧後30日間は、無料で何回でも相談可能だ。

 スマホ de ドックではこれまでも、検査結果に不安のある利用者に医療機関を受診してもらうための仕組みとして、「地域医療機関検索」「病名検索」などを提供してきた。自治体側でも、検査終了者に対して受診を勧めたりアフターケアを行ってきたが、保健師不足などで十分な対応はできていなかったという。これを踏まえた今回の健康相談サービスでは、自治体に負担をかけることなく、地域医療機関への受診や健康に対する意識変容、行動変容を促すとしている。