PR
パネルディスカションの様子
パネルディスカションの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 ドラッグストアや医薬品メーカー、医療機器メーカーなど健康関連企業が集う、業界横断型の一般財団法人「日本ヘルスケア協会(JAHI:Japan Association of Health care Initiative)」が2016年6月30日、活動方針発表会を東京都内で開催した。

 日本ヘルスケア協会は2015年11月に設立を発表した組織で「日本を元気にするヘルスケアの研究と産業の課題を明らかにする」(同協会)ことを掲げる(関連記事)。豊橋技術科学大学 学長の大西隆氏が会長を、マツモトキヨシホールディングス 代表取締役会長の松本南海雄氏が理事長を務め、産業横断による「日本ヘルスケア産業協議会」と学会横断による「日本ヘルスケア学会」を活動の柱とする。

 30日の発表会では、協会の設立趣旨や活動概要のほか、日本ヘルスケア産業協議会と日本ヘルスケア学会の活動を紹介した。協会の目的に掲げたのは「わが国の健康寿命の延伸を推進し、国民の幸福に寄与する」「経済活性に寄与し世界進出するヘルスケア産業の育成を実現する」「医療費の高騰を抑制し、わが国の優れた医療制度を維持する」の3つ。活動方針については「民間、国民主導のヘルスケアを実現する」ことを掲げた。