PR

東京電力ホールディングス(東電HD)と東京電力パワーグリッド(東電PG)は、米国のベンチャー企業Via Science社(Via社)と共同で、送電設備の劣化予測に関するPoC(概念実証)を始めた。Via社は、米国を中心に、人工知能(AI)や機械学習によるビッグデータ解析技術を活用したソリューションを電気事業者に対して提供している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い