PR
ロボットシャトルの外観
図 ロボットシャトルの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 DeNAは2016年8月に、千葉市美浜区の豊砂公園内で無人運転バスの運行を始める。同公園はイオンモールの幕張新都心店に隣接しており、同店舗の来店者の利用を見込んでいる(図)。無人運転車は日本では、私有地でしか走行が認められていない。豊砂公園の敷地内はイオンモールが千葉市から管理の一部を委託されており、走行が可能という。

 DeNAが導入する無人運転バス「ロボットシャトル」は、同社が業務提携したフランスEasyMile社の車両「EZ10」である。最大12人が乗車できる4輪駆動の電気自動車(EV)だ。車両寸法は全長3928×全幅1986×全高2750㎜で、車両質量は1700kg。ボディーはGFRP(ガラス繊維強化樹脂)製で、フレームとシャシーはアルミニウム合金製である。容量15kWhのリチウムイオン電池を搭載し、満充電で最大10時間走れる。最高速度は40km/hとなっている。

 無人運転車であるため運転席はなく、あらかじめ作成した地図データ上に設定したルートに基づいて、センサーやGPS(全地球測位システム)を用いて自車の位置を測定しながら自動で走行する。自車の近くやルート上に障害物を検知した場合は、その障害物との距離に応じて自動的に減速・停車して衝突を回避する。自動運転用のセンサーは、前後のバンパーやウインドーの室内側、屋根の上に設置している。

 なお、DeNAが業務提携したEasyMile社はフランスの小型車メーカーで、過去に自動車レースの「F1」に参戦し、近年は超小型モビリティを主力とするフランスのLigierグループと、ロボットの研究開発で30年以上の実績を持つ同Robosoft社が共同で2014年に設立した。既にスイスのローザンヌやフランスのラ・ロシェルなど5都市で、EZ10を利用した無人運転システムの実証実験を行っている(関連記事)