PR

 メドピアは2016年7月11日、京都大学 環境安全保健機構 健康管理部門/附属健康科学センター、第一生命保険、リクルートホールディングス、オムロン ヘルスケアと、Personal Health Record(PHR)の利活用促進についての共同研究を始めると発表した(プレスリリース)。

 この共同研究では、PHRの標準化やPHRサービスを活用した医療の質向上などに向けた課題を抽出。「永続的運営が可能なビジネスモデルを考察する」(メドピア)という。

 具体的には(1)大学健診を起点とした、救急・災害時やプライマリケア受診時の連携なども踏まえた情報項目の標準化、(2)個人が生涯にわたって、標準化された健康情報やライフログを安全に利活用できる基盤の整備、などに取り組む。