PR

米Synopsys社は、静的コード解析ツール「Coverity」をバージョン8.5に更改した。このツールを使ってソースコード解析することで、ソフトウエア開発ライフサイクルの初期段階で重大なセキュリティー脆弱性や欠陥を自動検出できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料