PR

ヤマザキマザック(本社愛知県・大口町)は、制御方式の工夫によって設置面積を抑えたマシニングセンター(MC)2機種を発売した。新たに発売したのは、立型の「UN-600/30V」と横型の「同30H」。自動車部品の量産加工において、生産性の高い自動化ラインを構築できるとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料